« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ピーターフランプトン「ストーリー」

今日は朝から雨降りの浜松

久しぶりにしっかりした雨となり

乾ききった大地や木々も幸せそうです

実りの秋は、適切な光、水、気温によって

元気に植物たちが育ちます

そして、秋らしい秋は

人々の心を豊かにし、「ちょっと出掛けてみよう・・・」

日本列島は、行楽シーズン、結婚シーズンです

青春のレコード

ピーターフランプトン「ストーリー」

70年代を代表する

アイドルロッカー

ハンブルパイ脱退後ソロデビュー

最初のアルバムが、伝説のセールス記録の

「フランプトンカムズアライブ」というライブアルバム

大ヒット曲「ショウミーザウェイ」は全米No1

ビジュアル系じゃないけど、スティングばりの色男でした

Img_8303

Img_0404 Img_0409 Img_0411 Img_0405 P1060703 P1060715 Img_0565 Img_0566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルジャロウ「風のメルヘン」

今日の浜松は

雨→晴れ→曇り→雨→快晴・・・

めまぐるしく天気が変わります

オンナ心と秋の空・・・

秋は、食い物の旨い季節

最近、少し食べすぎの気配

スポーツの秋も体感しないとヤバイぞ!

青春のレコード

アルジャロウ「風のメルヘン」

ジャズシンガーのアルジャロウが

AOR風な作品を集めたアルバム

高校当時、気になっていたオンナの子が

「・・・私、アルジャロウ大好き・・・」

知らなかった私は

「・・・そうだね、カッコ良いね・・・」

翌日、レコード屋に行きました

Img_8653

Img_0417 Img_0515 Img_0519 Img_0514 Img_0520 Img_0522 Img_0524 Img_0532 Img_0533 Img_0542

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリートウッドマック「タンゴインザナイト」

今日は朝から曇り、強風の浜松です

今日は午後から会議が2本

メルマガと部会資料のリミットも近い

おまけに、来月の講演資料と

IFEXのパネラー用の資料提出も・・・

いよいよ今日から心機一転

のんびり日曜日でリフレッシュ出来ました

販売会議で頂いた、課題と提案

それを形にする作業に入ります

フルスロットルだぜ!!

青春のレコード

フリートウッドマック「タンゴインザナイト」

大好きなマックの全盛期最後のアルバム

スティービーニックスの妖艶なボーカルは

やっぱり最高

決して上手い歌手ではないが

スタイル、声、そしてロック界一番の美女ぶり

万華鏡のようなグループです

Img_8676

Img_0574 Img_0419 Img_0422 Img_0423 Img_0427 Img_0428 Img_0531 Img_0523 Img_0534

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下達郎「グレーテストヒット」

販売会議の後は

いつもしばらく放心状態

やっと少しづつ体力と頭が働き出しました

今日は、ガーベラに肥料を置いた後は

石田衣良の小説タイム

横山秀夫の警察モノも良いが

石田の、青春モノは清清しく清廉な気持ちに

そして、今日の競馬は

菊花賞へいよいよ名馬候補が動き出す

神戸新聞杯・・・

昨年のこのレースで

古橋晴夫前部会長が3連単を当てた

馬券を買ったのは、大阪なんばパークスのウインズ

今年も競馬の季節が始まりました

青春のレコード

山下達郎「グレーテストヒット」

名曲「ライドオンタイム」が聞きたくて

それだけで買ってしまったアルバム

達郎の初期のベストアルバム

まだこの当時は、竹内まりあと結婚してなかった

達郎自身の曲ではあまり感じないが

まりあの曲のアレンジャーとして

天才を感じます

Img_8944

Img_0502 Img_0439 Img_0464 Img_0476 Img_0489 Img_0498 Img_0501 Img_0504 Img_0509

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォーリナー「ヘッドゲームス」

昨日は

第19回販売対策会議でした

年に一回の大きなイベント

女性部も総動員

大盛況となりました

イベントやプロモの成功は

事前の準備で90%が決まる

私達は、JAに頼らず全て自分達で

企画、立案、実行しており

部会員全体がスキルアップしています

そのスキルが

ガーベラ栽培のモチベーションになって

より高品質なガーベラ提供に繋がっていく

青春のレコード

フォーリナー「ヘッドゲームス」

ハード、ポップ、プログレ・・・

メンバーの出身母体はあらゆるジャンルのスーパーバンド

そんな奴等が集まって

ゴキゲンなハードポップを聞かせてくれる

ルーグラムのボーカルは

ハードロックもいいが、バラード歌わせたら最高です

Img_8912

Img_0441 Img_0444 Img_0450 Img_0456 Img_0458 Img_0416 Img_0426 Img_0505 Img_0492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボススキャッグス「ダウントゥゼンレフト」

2日続きの快晴の浜松

いよいよ今日は、販売会議

資料作り、イベント内容、参加者募集・・・

半年間の総決算事業を行います

女性部は、会場のホテルでアレンジ作り

部会員は、ホテルと打合せと

モザイ会場の展示の入れ替え

みんなフルスロットル状態

しかし、イベントで大変なのは

予定、計画、立案まで

準備が万端なら、イベントの最中は

楽しむ事だけ

私は、今日一日を「楽しむ」だけです!!

青春のレコード

ボススキャッグス「ダウントゥゼンレフト」

AORの最大のスター、ボズ

いろんなヒット曲があるが

実は私の一番好きな曲は

シングルカットされなかった

このアルバムのタイトル曲

軽やかで、ウキウキする、大人の恋の歌

決して上手くは無いが、この雰囲気が大好きでした

実は、このアルバムの写真を撮っていたら

高校時代に書いた、友達に宛てた

ボズの紹介文書が出てきた

何だか、とっても、懐かしかった

Img_8901

Img_8902

Img_0362 Img_0365 Img_0366 Img_0383 Img_0385 Img_0399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELO「オーロラの救世主」

巨人独走で優勝・・・・!?

これは、全てドラゴンズの計算です

チャンピオンシリーズまで手の内を見せない

死んだふり作戦なんです

一昨年のように、2位から日本一へ

落合の計算されたオペレーションが始まりました

待ってろよ!! チャンピオンフラッグ!!

青春のレコード

ELO「オーロラの救世主」

鬼才ジェフリン率いるポップロックグループ

インド音楽のような妖しい音空間

アバのように、心から楽しめるグループでした

ヒット曲「テレホンライン」は

悲しいバラード・・・しかし

明日は晴れる!そんな気にさせる曲でした

Img_8883

Img_0201 Img_0203 Img_0204 Img_0207 Img_0205 Img_0354 Img_0356

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィービースノウ「雪模様」

昨日は、臨時全体会

明後日行う販売会議のリハーサル

各委員長の作った、渾身のパワーポイント

私達の思い、予想、対策、そして・・・作戦

少しの緊張、大きな期待・・・

新しいオペレーションが始まります

一昨日は、敬老の日

大宮の長女から、おばあちゃん宛に

皮の手袋が届いた

小躍りして喜ぶお袋さん

私は一人っ子なので

孫も私の子供3人しかいません

貴重な敬老プレゼントは

長生きの源です

青春のレコード

フィービースノウ「雪模様」

黒人シンガーらしい伸びやかな声

優しさと強さが同居するソウルシンガー

20歳は、仕事でも恋愛でも

傷つきやすかった

ハートブレイクな夜は

フィービースノウが聞きたくなりました

Img_8652

Img_0351 Img_0353 Img_0339 Img_0342 Img_0343 Img_0334_2 Img_0344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラザーズジョンソン「ライトオンタイム」

シルバーウィーク真っ只中の日本列島

GWよりも高速道路は大渋滞

私達の地域では、浜松モザイカルチャーが開催中

生活道路まで車が溢れています

ガーベラを持ち込むパッキングセンターは

私の畑との、中間、途上にあり

どうしても会場近くを通らないといけません

他県ナンバーばかりの渋滞の中で

ラジオだけが、癒しとなっています

青春のレコード

ブラザーズジョンソン「ライトオンタイム」

一世を風靡したチョッパーベース

ブラジョンは心躍るダンスミュージック

クインシージョーンズのプロデュースで

ディスコ界に旋風を巻き起こしました

私がこのアルバムを買った理由は・・・

この曲の、振り付けを覚えて

ディスコで踊り狂いたかったから

しかし・・・

トラボルタにはなれませんでした・・・

Img_8682

40996k1 0996k1 10996k1 Img_0279 Img_0276 Img_0248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島みゆき「臨月」

今日から鈴木家は

3人暮らし・・・ジジとババの館です

敬老の日

日本人の四人に一人は、65歳以上

高齢者の単身で住む世帯は、414万・・・

大宮の長女は、山形、仙台へ旅に

東京の次女は、サークルの合宿

甲府の長男は、ノンビリ原付ツーリング

さてさて、今度はいつ戻ってくるのかな?

青春のレコード

中島みゆき「臨月」

大御所、みゆき姫登場

大好きだった「ひとり上手」収録

デビュー曲「時代」以来

ひそかにファンでした

最近、富士フィルムの化粧品のCMで

松田聖子とコラボ

二人とも、大好きな私としては

嬉しいような・・・モノ悲しいような・・・Img_8681

Img_0119 Img_0111 Img_0159 Img_0193 Img_0318 Img_0281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーズ「錯乱のドライブ」

いよいよ来週に迫った

第19回販売対策会議

資料づくりが佳境を迎えています

昨年度の販売結果の分析

今年の販売予測

各委員会の発表

出席者の確認

ホテルへの連絡

パネラーへの依頼・・・

大ハードウィークが始まっています

ところが・・・

只今、甲府の長男のところからアップしています

バイク受け取りのため、またまた山梨へ

シルバーウィークの大渋滞で

いつもより、2時間遅れ

でも今回の往路は全て奥さんが運転

私は後ろの席で、新田次郎の小説を読んで

快適な旅でした

長男のパソコンで、パワーポイントを作成

一人暮らしの部屋は快適です

これで、長男が帰ってくるのは、冬休み・・・

静まり返る生活のリスタートです

青春のレコード

カーズ「錯乱のドライブ」

ソリッドなギターサウンドに一目惚れ

思わず買ってしまった

米国のバンド、カーズのデビューアルバム

全編キャッチーなロックンロール

しかし、アメリカのバンドは

どうしてこんなに底抜けに明るいのだろう

Img_8694

Img_0040

Img_0056 Img_0034 Img_0258 Img_0280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフコース「セレクション1978~81」

今日開幕した

浜松モザイカルチャー世界博2009

(浜名湖立体花博)

2ヶ月間の夢のイベントが始まりました

昨日は、期間中に常設展示として

シャガールを2セット展示します

スペースは少し狭いところなので

入れ替え作業は難しい

しかも、時間外で暗くなってから

いろんなハードルが待ってます

それをやり切った時

大きなイベントに参加した充実感に溢れる

来場者の方に見てもらう事も重要だが

イベントの本質は、私達の充足感と

一緒にイベントを作った、他業種の人たちとの連携による

新しいプロモーションの始まりのスタート

新しい可能性の開拓こそ

大きなイベントに参加する目的です

青春のレコード

オフコース「セレクション1978~81」

全盛期の名曲ばかりのベストアルバム

名曲「さよなら」は、このアルバムのみ収録されていた

武道館コンサートで

時期シングルとして、未発表だった「YES-NO」

初めて聞いた時・・・あまりの美しさに泣けてきました

小田さんは、東北大学

鈴木さんは、東工大

2人の超インテリの作り出すサウンドは

優しさとシャープさが同居するニューミュージック演歌

今も、日本語のロックとして最高峰

何より、語尾までハッキリ聞きやすい、小田さんの声は

日本の宝です

Img_8951

Img_0314 Img_0319 Img_0325 Img_0322 Img_0332 Img_0294 Img_0296 Img_0308

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドツェッペリン「狂熱のライブ」

昨日は、オランダ人と飲み会

奥さんに、PCに送ってもらった・・・が・・・

18時の予定が、30分後になり

「・・・18時30分に、PCに送ってくれ・・・」

「・・・ダメ!!・・・のりぴーの記者会見あるから・・・」

新大臣よりも、イチローよりも・・・のりぴーでした!?

青春のレコード

レッドツェッペリン「狂熱のライブ」

ご存知、ハードロックの神様

ツッェペリンが出した、唯一の公式ライブアルバム

ファンならみんな知ってる

ペイジのギターテクはイマイチ

プラントの声も後期はカスレ気味

でも・・・カッコイイ!!

ダブルネックの12弦ギターを持ったペイジは

神々しい光に包まれています

「幻惑されて」はチビリそう

「モビーディック」は泣けてくる

ロックオヤジ達にとって永遠のシンボルです

Img_8899

Img_0284 Img_0286 Img_0291 Img_0297 Img_0301 Img_0309 Img_0310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコレットラーソン「愛しのニコレット」

  今日は、オランダの種苗会社

フローリスト社のシャーク氏と飲み会

ほんとは、品種説明会なんだけど

私達の場合は飲み会で交流する

オランダ人は、欧州一の大きな人種

当然飲む量もハンパ無い

だから、いつも、飲み放題の店を予約する

私達も、つられて・・・明日は確実に・・・二日酔いです

青春のレコード

ニコレットラーソン「愛しのニコレット」

ただ一曲が聞きたくて買ってしまったアルバム

「Lotta Love 」邦題は「溢れる愛」

カリフォルニアサウンドに乗せて

リンダロンシュタットのバックボーカルの実力を発揮

ギターは何と・・・エドワードヴァンヘイレン!!

この頃のアメリカンロックは

軽快なウエストコーストサウンド全盛でした

Img_8311

646 312 323

Img_0278

Img_0096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビージーズ「ESP」

  今日は快晴の浜松

秋晴れの気持ちよい天気の中

薬剤散布をしています

最近、歯医者に通っている

歯医者は恐怖の館・・・だけど

どういうわけか、助手さんには美女が多い

マスクとエプロンに隠された素顔

想像するだけで・・・

痛みに耐えれば、笑顔のご褒美

何となく、次の予約が

待ち遠しいような・・・怖いような・・・

青春のレコード

ビージーズ「ESP」

ディスコ全盛期を過ぎ

末弟アンディキブの死のショック

しかも、当時長兄バリーギブは

ボーカリストというより、コンポーザーとして

いろんな人に曲を提供

グループ活動が危うしと言われていた時

解散の危機を乗り越え発表したアルバム

やっぱりビージーズサウンドは

体が自然と動いてしまいます

6年前に3番目のモーリスも死に

永久に活動休止と思われたが

ロビンとバリーの二人で

再結成の動きがある

期待しちゃいます

Img_8890

Img_0277 Img_0263 Img_0266 Img_0028 Img_0065 Img_0116

Img_0154Img_0162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小澤征璽「ボレロ」

今日は小雨の浜松

少し濡れたTシャツが気持ち良い天気

いよいよハウスは、秋バージョンに変更

しかし、毎日天気予報と睨めっこで各種設定を随時変更

季節の変わり目は、繊細な栽培管理が必要です

今日は、月一回の圃場巡回

新品種の株を見るのもとっても楽しみ

みんなの秋のスタートは如何に?

青春のレコード

小澤征璽「ボレロ」

私がクラシックで持っている

唯一のレコード(CDならいつくつか持っている)

いつかの冬のオリンピックで

スケート選手がこの曲をバックに

素晴らしい演技をして

思わず感動して買った一枚

その後、癒されたい時には

不思議な音空間に身を委ねていました

しかし、このボレロは

クラシックというより、ツェッペリンの「天国への階段」

完全に垣根を越えた名曲です

Img_8948

Img_0206 Img_0219 Img_0236 Img_0247 Img_9930 Img_9957 Img_9975 Img_9977 Img_0209

Img_0095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マドンナ「ライクアバージン」

今朝は17℃まで気温低下

ヒートポンプはもちろんボイラーまで点火

秋の気配漂う浜松です

明日は圃場巡回

資料作りも大きな山を迎えています

やっと10月の講演会資料を作り終えれば

販売会議の資料がリミット

毎晩、パソコンの前で唸っています

東京の大学三年生の次女は

インターシップで5ヶ所に行ったらしい

来年2月から本格的な就活に入るらしいが

今でも希望は・・・東京丸の内・・・らしい

さてさて、J○に、声を掛けておこう!?

青春のレコード

マドンナ「ライクアバージン」

みんな大好きマドンナ

50歳近くなった今も

コンサートで、稼ぐ金額は世界No1

数年前の日でのコンサートもプラチナチケット

何でも、大田花きの芳垣君が行ったらしい・・・

東京人はこういう時、羨ましくなります

ああ・・・誰か一緒にコンサートに行こう!

Img_8917

Img_0216 Img_0221 Img_0226 Img_0232 Img_0237 Img_0241 Img_0169 Img_0170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢沢永吉「東京ナイト」

昨日の大雨にはびっくりしました

3週間雨が無かった浜松でしたが

昨日夕方の雨はケタ違い

ハウスの樋のオーバーブローは当たり前

ハンドルを握っても、真っ暗で、たきつける雨に

ワイパーが追いつけません

30分くらいの暴風雨が収まれば

何事も無かったような小雨

予報では、9月の雨量は平年並みとの事だが

ここから平年並みにするには相当な量が・・・

今日は奥さんは、高校のOBまつりの打合せ

クラス役員になり、気合の化粧をしていくようです

私も経験した素晴らしいチャンス

この不景気に、2000万円規模のイベントは大変だけど

人生を振り返る良い機会、楽しんで欲しい・・・

私は外に出る機会が多いので

奥さんも、いっぱい外に出る用事があれば

お互い気分良く!外出出来ます

これで・・少しは・・私の・・身の安全・・・

青春のレコード

矢沢永吉「東京ナイト」

20歳の頃、コンサートに行って

翌日、思わず買ってしまったアルバム

永ちゃんは、いつでも、どこでも永ちゃん節

ファンは、それを畏敬を込めて言う

「永ちゃん演歌」

ロックナンバーよりも、やっぱりバラードが好き

ロック歌手のバラードはなぜこんなに

胸を打つのだろう?

Img_8953

Img_0005 Img_0016 Img_0027 Img_9986 Img_9987 Img_9998 Img_0007 Img_0160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストオブ「ユーライアヒープ」

今日は、来週開催される

浜松モザイカルチャー世界博2009の内覧会

地元自治会を通じて

近隣住民をご招待

奥さんもご近所さんと行くようです

私は、一昨日、小川先生と見に行ったので

アッシーをつとめるだけ

浜松フォークジャンボリー2009

浜松市動物園の動物慰霊祭

浜名湖の週末はイベント盛りだくさんです

青春のレコード

ベストオブ「ユーライアヒープ」

1970年代は、ツェッペリンとパープルに代表される

ハードロックというカテゴリーが確立し、大活躍

かたや、ヘビーロックという分野も登場

このユーライアヒープやブラックサバスが代表だが

あまりメジャーにはならなかった

しかし、気持ちよいギターとキーボードサウンドは

充分カッコ良かった

ユーライアヒープは、ロックバンドの中で

一番ハーモニーが美しかった記憶・・・

Img_8906

P1060656 Img_0180 Img_0182 Img_0188 Img_0183 Img_0187 Img_0178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K.ODA

昨日は、法政大学の小川先生を迎え

晩夏の浜名湖をご案内しました

心地よい風の中、過密スケジュールをこなしました

先生との濃密な6時間は

私達の今後の経営指針となり

花きの新しい可能性が広がりました

小川先生には、講義前の貴重な時間を頂き

心より感謝いたします

PS、浜松のお昼といえば・・・

やっぱり、ウナギという事で、おひつまぶし

そして、私は・・・天ぷら定食

浜名湖の幸を堪能しました

青春のレコード

オフコース解散後、初めて発表した

リーダー小田和正のソロベストアルバム

大好きだったオフコース

当然、小田さんと鈴木さんの動向は気になった

「ラブストーリーは突然に」等の大ヒットで

日本を代表するソロシンガーになった小田さん

かたや、ヒット曲に恵まれなかった鈴木さん

いつか・・・そんな2人が

オフコースを再結成してくれる事が

私の青春の集大成になるのかな?

その時には・・・あの子と・・・

Img_8341

Img_0167 Img_0171 Img_0175 P1060652 Img_0198 Img_0184 P1060678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JDサウザー「ユアオンリーロンリー」

今日は今から

法政大学の小川先生の

浜松ツアーのお供をします

初秋の浜名湖は、快晴、気持ちよい風

いろんな花の名所を案内する予定

花き業界の最新ニュースを聞き出し

また新たな戦略を企画します

今日の目玉は、9/19(土)よりスタートする

浜松モザイカルチャー2009世界博の会場見学

出展者特権で、そぞろ歩いてきます

青春のレコード

JDサウザー「ユアオンリーロンリー」

ウエストコーストサウンド全盛期

イーグルスに続いて、続々登場した

ビッグネーム達

JDサウザーもその一人

哀愁漂う、サウンドは

ウエストコーストというより、AORに近かった

何よりジャケット写真が秀逸

Img_8307

Img_0022

Img_0026 Img_0029 Img_9990 Img_9999 Img_0017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューマンリーグ「クラッシュ」

甲府の長男がバイクを買った

原付のスクーター、スポーツタイプ?

浜松や甲府の街のバイクショップを回り

いろいろ情報を収集した

その結果

やはり、浜松はメーカーの本拠地なので

やはり相当な価格優位

甲府で、20万円が、

浜松では、付属品値引きも入れて、4万円安!

地産地消?は商売の大原則でした

花も、もっと産地に近いところで消費されれば

鮮度、ロジス、ストーリー、顔・・・何かと有利なんだけど

今の日本は、都市の集荷力、消費力が圧倒的

輸送料金も逆転現象が・・・

解決策は、花が特別なモノでなく、身近な商品になる事

しかし、その理想に近づく事は

単価の下落を伴う・・・

生産者も花屋さんも市場も

覚悟が問われます

青春のレコード

ヒューマンリーグ「クラッシュ」

YMOを彷彿するテクノポップグループ

当然私は無視していたが

高校のバンド仲間が絶賛していたので

レコードを借りたら・・・ハマッタ!!

特に「ヒューマン」という曲は、名曲中の名曲

2人の女性ボーカルの妖しい魅力と歌声

友達の家で「レコードちょうだい」と粘ったが

結局、ベストアルバムを買いました

Img_8304

Img_9884 Img_9886 Img_0072 Img_0076 Img_9989 Img_9980 Img_0033 Img_0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニールヤング「アフターザゴールドラッシュ」

ここで、告白します・・・

「歯が痛い!!」

実は、先週の大阪ツアーで発症

その前週に、奥歯が一本、折れてしまい

片方で噛み続けていたため、正常な方が

とうとう激痛に見舞われてしまいました

昨日、歯医者に行って応急措置をしたが

「・・・年齢だから・・・」歯医者の言葉は残酷です

最近、老眼も進み、歯も弱り、そのおかげで胃に違和感・・・

こりやいよいよ何か運動しないといけなくなりました

青春のレコード

ニールヤング「アフターザゴールドラッシュ」

1970年代のアメリカは

ベトナム戦争の傷跡が、いたるところで爆発

豊かで、前向きで、成長していくアメリカに陰りが見え

ヒッピーやマリファナ等の暗い影が覆っていました

映画では「イージーライダー」

音楽ではニールヤング

先の見えない、明日への希望を抱けない

そんな米国の空気が作った

名盤です

Img_8904

Img_9905 Img_9906 Img_9935 Img_9939 Img_9950 Img_9951 Img_9972 Img_9985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジムクロウチ「去りし男の伝説」

長男の大学の街、甲府

日本の中でも、不況色の強い地域

高速¥1000円の悪影響で

首都圏のお客が、信州等、より遠い地方へ

山梨県を素通りしているらしい

せっかくの初秋の山梨

とうことで、桃とブドウを楽しみに

勝沼へドライブ

アパートから30分で到着

見事に実ったブドウたち

多くの観光客が来ています

つられるように、新品種のブドウと桃を買い込んで

ブドウ棚の回廊を抜け、帰路につきました

青春のレコード

ジムクロウチ「去りし男の伝説」

実質4年間という短い活動期間

人気絶頂時、飛行機事故で・・・

タイムインアボトル、リロイブラウンは悪い奴等

全米1位のヒット曲を持ち

澄んだハイトーンとフォークロックは

一遍聞くとみんなファンになりました

Img_8654

Img_0066 Img_0063 Img_0050 Img_0058 Img_0048 Img_9940 Img_9942 Img_9948

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シカゴ「Ⅹ・カリブの旋風」

今日は、甲府で朝を迎えています

昨日は、バイクショップめぐりの後

駅前の居酒屋で一杯

奥さんを早く帰して

長男と、男と男の会話

少し飲みすぎて・・・

子供たちの未来が明るい事が

親として唯一の祈り

一人暮らし、都会、全国の友達、大学

みんなそのためのツールです

チャンスとタイミングは逃すな!!

青春のレコード

ここで紹介しているのは全て

全て私が所有しているLP盤ばかりです

シカゴ「Ⅹ・カリブの旋風」

アメリカのロックバンドの大御所

デビュー当初は、ハードなブラスロック

途中から、ラブバラード路線に変更

このアルバムは

そのバラード路線への転機になった名曲

「愛ある別れ」を収録

私は、もともと「長い夜」や「クエスチョッンズ67/68」

のようなハードなトランペットとギターサウンドが

大好きでしたが

「愛ある別れ」にはノックアウト

リードボーカルのピーターセテラのファルセットに

ぞっこんでした

後年、フィリ○○のレパートリーになりました?

Img_8931

Img_0010 Img_0013 Img_0014 Img_0018 Img_0019 Img_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クィーン「グレーテストヒット」

 

今日は、今から甲府の長男のアパートへ

掃除、洗濯、バイク・・・

奥さんの「足」だけのために行ってきます

私の持ち物は、横山秀夫と石田衣良の本

ほんとは、10月の講演会のPPの提出リミットが

迫っているので、ノンビリ出来ないんだけど・・・

甲府の街は、ブドウ、桃、キノコ等の

夏と秋の味覚が楽しみ

リフレッシュをしてきます

青春のレコード

クィーン「グレーテストヒット」

クィーンは今でこそ伝説のロックバンドとして

有名だが、もともと、日本の人気が世界に波及した

当初彼らは、ビジュアル系のバンドとして

音楽誌に紹介され、グルービーがつき

キャッチーなロックンロールで人気になった

その後、フレディマーキュリーの

天才的コンポーズ力で、世界的なロックバンドになった

私は当初は無視していたが

名曲「ラジオガガ」によって

大ファンになりました

ちなみに、私の着メロの1つです

Img_8885

Img_0247

Img_9908 Img_9909 Img_9900 Img_9920

Img_0231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングクリムゾン「リザード」

今日は午後から2本の会議

午前中に急いで薬剤散布

急に気温低下したので

ウドンコ病、灰色カビ病等の注意報発令中

季節の変わり目は、ハウスの設定も

大きく変更しなくてはいけません

毎年の事ですが、新しいマシンも入り

より複雑な設定になってきました

青春のレコード

キングクリムゾン「リザード」

プログレの大御所、クリムゾンのサードアルバム

イアンマクドナルドとマイケルジャイルス、グレグレイクが

脱退し、殆ど初期の面影は無いが

それでも流石に、キング!!

不思議な音空間に身を置くと

悩みや心配が消えていく

不思議な魅力のバンドです

Img_8664

Img_9927 Img_9937 Img_9941 Img_9938 Img_9944 Img_9953 Img_9947 Img_9945 Img_9958 Img_9955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイファイセット「シングス・ユーミン」

大阪ツアーに行って来ました

多くの美女と出会い

大満足のツアーとなりました

仕事の話は、少しだけ・・・

ハツラツ花屋さんとのコミュニケーションは

ガーベラ栽培の最大のモチベーション

次回の出張は

10月に、東京安田ホールで、花き研究所の講演会

さてどんな出会いが待っているか

今から楽しみです

青春のレコード

ハイファイセット「シングス・ユーミン」

日本の歌で、私の好きな歌ベスト10を

上げるとしたら、必ず入る曲が

「冷たい雨」

ユーミンが、ハイファイセットに提供した名曲

イントロのピアノを聞いただけで・・・

ユーミンの歌は、もちろん本人が歌うのも良いが

ほんとに上手い歌手が歌うと絶品

松田聖子、稲垣潤一そしてハイファイセット

名ボーカル山本潤子が歌うユーミンは

そりゃもう絶品

このアルバムをBGMに

海辺をドライブ・・・

最高の作戦の1つでした!?

Img_8946

Img_9914 Img_9916

Img_9923 Img_9921 Img_9919 Img_9924 Img_9898 Img_9902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワム「ザファイナル」

台風一過の浜松

快晴、生暖かい風が吹いています

今日は大阪ツアー

ガーベラ畑で、ヘビ(アオダイショウ」を見ました

ヘビは忌み嫌われるが、

吉兆やお金儲けの神様と言われる地域もある

今日は・・・

浜名湖は今、釣り客で賑わっています

私のいつもの写真ポイントの海岸では

朝、昼は、ファミリーがハゼ、サヨリ釣り

夜は、セイゴ(スズキの子)、チンタ(黒タイの子)を狙い

楽しそうに興じています

私も、10年前に夜釣りにはまった時期があり

チンタを狙っていましたが

釣れるのは、セイゴばかり・・・

プロにはなりきれませんでした

青春のレコード

ワム「ザファイナル」

イギリスの人気アイドルグループ

当然私は、ずっと無視していたが

ラストクリスマスに嵌った!

なんて良い曲、今もクリスマスの定番です

良く聞けば

ケアレスウィスパーやフリーダム等

良い歌がいっぱいあった

しかし・・・

ジョージマイケルはゲイを告白し

アンドリューは、芸が無かった・・・

Img_8677

Img_9873 Img_9775 Img_9878 Img_9892 Img_9889 Img_9872

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »