« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

武者小路実篤「友情」

今日も快晴の浜松

10時過ぎに、ハウスの中は37度

ヒートポンプで冷房したいけど

費用対効果は・・・

パッキングセンターに花を持って行くと

みんな寝不足みたい・・・

ワールドカップは残念でした

思った以上のパワーを発揮して

私たちをグングン引き込んでくれた

本田選手の有言実行

松井選手は牛若丸みたい

川島選手は身長3mのよう

日本という看板を背負い、重圧感を

自分を成長する糧にする奴等

久しぶりに世界に、日本をアピールした

凄い奴等のおかげで

美味しい酒が飲めました

ありがとう!岡田ジャパン!

青春の一冊
武者小路実篤「友情」

私はあまり、このような近代小説は読まないのですが
題名にひかれて購入しました

友情か恋か?
青春の永遠のテーマ
まだほんとの恋を知らない時代のバイブルでした

20090510_1 Img_1138 Img_1177 Img_1179 Img_1146 Img_1151 Img_1153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーティンクルーズスミス「ゴーリキーパーク」

今日は、真夏の陽気、30度を超え

ハウスの中は、40度近くまで上昇

こんな時は、梅雨が恋しくなります

昨日は、東京へ日帰り

業界の達人たちと会議の後は

晩飯の誘いも断って

お楽しみの花屋ツアー

実は、VIPたちとの会食もほんと楽しみだったが

私のお気に入りの店長が

7月いっぱいで、辞めるとの情報を入手したので

急遽、総武線に飛び乗りました

やっぱり・・・素敵だった・・・サトコ様!!

青春の一冊
マーティンクルーズスミス「ゴーリキーパーク」

ソ連の警察官レンコを主人公にした
作品第一号
この頃は、海外のミステリーのベストセラーを
読み漁っていました

ソ連の政治腐敗、経済マフィア・・・
共産主義は、砂上の楼閣でした

20090426_1 Img_1162 Img_1165 Img_1167 Img_1173 Img_1174 Img_1181 Img_1183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルブレイス「不確実性の時代」

朝起きたら、快晴の浜松

急いで遮光して、潅水の設定を上げて・・・

資料作りとワールドカップの影響で

朝からエンジン全開は厳しい

Tシャツは、水浸し状態です

今日は、今から東京へ行きます

JFMAの花き需要拡大を話し合う会議

まだ自信が無い自分の考え、企画、計画が

達人たちが興味を示し、理解してくれるか

楽しみでもあり、不安でもあり・・・緊張します

この年になると、緊張する機会は余りないので

貴重な時間を楽しんで、先人たちの考えを吸収してきます

青春の一冊
ガルブレイス「不確実性の時代」

1977年に発表された
米経済学者の著作

経済学の本なのにベストセラーになった
珍しい本

私も思わず買ってしまったが
難解な経済用語に四苦八苦

確か、当時の流行語になりました

20090508_1 Img_1109 Img_1115 Img_1116 Img_1121 Img_1122 Img_1117 Img_1130 Img_1142 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬名秀明「パラサイトイブ」

今日も小雨の降り続く浜松

管理作業が大変

シミ、カビ、虫・・・あちらを立てればこちらが・・・

一つずつ、問題解決していきます

今日の雨は、恵の雨

昨日から、パソコンでずっと資料作り

日バラの講演資料は、明日がリミット

明日は、JFMAのプロモーション会議で東京へ

直接、事務局に手渡したいが

さて・・・完成するだろうか・・・心配です

青春の一冊
瀬名秀明「パラサイトイブ」

鈴木光二の「リング」の大ヒット以降
サイコホラーが流行しました
この作品もそんな一冊

ありえない! と思っていても
もしかしたら、と思わせる説得力
「怖さ」という感情も
アドレナリンを大発生させてくれる

20090507_1 Img_1134Img_1112 Img_1140 Img_1141 Img_1149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクトX「思いは国境を越えた」

今日は小雨の降り続く浜松

ウグイスなど小鳥の鳴き声が爽やかに響き

蒸し暑さを打ち消しています

岡田ジャパンの勝利に酔いしれ

本田クンの強気な発言に励まされ

遠藤クンの悪人顔が善人に見え

戦前の悪評を跳ね飛ばし

勝てば官軍・・・

ドラゴンズの不調は横におき

ワールドカップは面白い

決勝トーナメントもガンバレ!!

青春の一冊
プロジェクトX「思いは国境を越えた」

プロジェクトXは、サラリーマンのバイブルでした
中嶋みゆきの歌にのせて
戦後日本の発展の歴史
メイドインジャパンの実現者たちの
奮闘と成功と挫折の物語

番組の最後は
柔和な主人公の屈託の無い笑顔と涙

本で読むと、また違った感激
日本人が、前だけを見ていた時代でした

20090506_1 Img_1077 Img_1107 Img_1114 Img_1133 Img_1132 Img_1147

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司馬遼太郎「新撰組血風録」

すごいぞ岡田ジャパン!!

日本国民を熱狂させてくれます

この調子で、不景気風を吹き飛ばしてくれ!!

でも・・・ライブでは見ていません・・・

昨日は

午後一番は、浜松市役所で会議

夕方からは、圃場巡回に合流し会議

23時ころに終了したので

ラーメン屋に行こうとしたら・・・お休み

結局、コンビニでつまみ&ビール

残り3時間・・・寝てしまいました・・・

起きたのは、5時50分・・・残念!

曇り空の浜松ですが

心地よい風が吹いています

青春の一冊
司馬遼太郎「新撰組血風録」

新撰組ファンにとっては
必携の一冊

司馬遼にしては
エンターテイメント性よりも
劇画チックに描いた
新撰組の真実

刀一つで、出世を図る若者達の
ドラマチックなストーリー
オトコの子なら
メンバーの誰かに
自分を投影してしまう

私は土方歳三派です

20090505_1 Cimg1408 H22612_064 H22612_191 Img_1094 Img_1104

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿刀田高「ギリシャ神話を知っていますか」

今日は天気予報では、30度超えの真夏日予想

でも、朝方は涼しく、薄曇りの浜松です

今日は、定例の圃場巡回だけど

浜松市の農業振興委員会のバッティング

農地転用や浜松市の農業施策について話し合い

その終了予定は、17時なので

今日は、圃場は見られない

その分、夕方からの会議に全力投球

オヤジ世代の私達は

嫌われ者役の担当です

青春の一冊
阿刀田高「ギリシャ神話を知っていますか」

阿刀田高はショートストーリーの天才
そんな作者が描く
ギリシャ神話の数々

ギリシャ神話は神秘性が高く
宗教的な側面が強いが
人間の罪の根本の寓話

しかし・・・
神様達は、浮気モノが多い!?

20090504_1 Img_1028 Img_1031 Img_1034 Img_1065 Img_1066 Img_1084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田田「ユダヤの商法」

今日も強い雨は昼前に止み

薄日が射している浜松です

今週は、MPSの報告

改植作業があったので、新しい登録が沢山

肥料名、数量、成分、登録番号・・・

メーカーによって、違う書き方、表現

農業は規制産業なのに

大事なポイントは余りに見難い

まずは、しっかり記帳して

データストックからコストダウンを図ります

青春の一冊
藤田田「ユダヤの商法」

日本マクドナルドの創始者として有名な藤田氏
この本は、マクドナルドを創立したばかりの時期に
書かれた本

ユダヤ人をテーマにしたものが
流行した時代
数々のユダヤ本の中で、一番ヒットしました

まだマックの成功が分らなかった時代でしたが
藤田田は、マックより先にこの本で有名になりました

20090503_1 Img_0984 Img_0997 Img_1087 Img_1090 Img_1102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディックフランシス「本命」

今日は朝方の雨は9時前には止み

強い陽射しと黒い雲が交互に

ムシ暑い天気でした

高気温、高湿度によって

虫さんも、菌さんも、病気さんも大活躍

新植の苗も活着しましたが

彼らにとって、柔らかい若葉はもってこいの攻撃目標

熱中症になりそうになりながら

久しぶりに、薬剤散布をしました

元気に育てよ・・・ガーベラ君!!

青春の一冊
ディックフランシス「本命」

競馬好きなら、一度は読んだ事があるはず
フランスの人気作家の競馬シリーズ
その第一作目がこれ

競馬はあまり小説の舞台になっていない
ギャンブルは、読むより、見るより・・・賭けることが
最大のスリルであり、カタルシスだから

そんな困難な作業に挑み
成功したのがディックフランシスです
臨場感溢れる競馬シーンの数々は
競馬を知らない人でも楽しめるミステリーです

20090502_1 Img_1099 Img_1085 Img_1083 Img_1088 Img_1089 Img_1057 Img_1062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五木寛之「生きるヒント」

今日は曇りの浜松

時折のお日様と霧雨

梅雨らしい天気です

昨日は、父の日でした

子供たちから贈られたのは、ウエストポーチ

今使っているモノが、ジッパーが壊れたので

新しいのが欲しかった

3人の直筆の手紙とともに

お宝が増えました

それぞれ一人暮らししている子供たち

いろんな経験といろんな出会い

いつでも帰る場所は用意してあるよ

青春の一冊
五木寛之「生きるヒント」

日本の純文学の第一人者
五木寛之のエッセイ

私が殆ど読まないのがエッセイというジャンル
しかし、この本は
あまりのベストセラーになったので
思わず買ってしまった一冊

予想通り・・・
最後のページまでたどり着いていません

好きじゃないジャンルは買わない
という事を再認識した本

20090501_1 Img_1091 Img_1105 Img_0945 Img_1073 Img_1074 Img_1082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内橋克人「匠の時代」

今日は曇りの浜松

時折、霧雨が降っています

昨日のオランダ戦は、惜しかった

カメルーン戦よりも見応えがある試合でした

奥さんは、実家のお父さん達と、チャンコ屋さんへ

私は、禁止食物を買い込んで

ゆっくりTV観戦

サントリープレミアムとポテトチップ

芋焼酎とサラミソーセージ・・・

久しぶりに家でノンビリした、ご気楽な夜でした

青春の一冊
内橋克人「匠の時代」

日本産業界のものづくりの達人達を
紹介するシリーズ本
NHKの人気番組「プロジェクトX」に先駆け
日本の企業人を発掘、紹介し
バブルに踊る日本経済に
警鐘を鳴らした本

日本人のモノ作りには
各業界に「匠」がいて
戦後の復興を支えました

20090430_1 Img_1042 Img_1043 Img_1044 Img_1049 Img_1051 Img_1055 Img_1063 Img_1064 Img_1061 Img_1056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティーブンキング「ゴールデンボーイ」

今日は、朝方の雨が昼前に止み

30度を超えたと思ったら、昼過ぎには激しい夕立

Tシャツは、汗と雨でびっしょりです

昨日は、VIPとの会議のため

岐阜に行ってきました

日バラの杉本会長と岐阜大学の福井先生

詳しい内容は、もう一つのブログで報告します

今回の岐阜ツアーは

往復ともに、在来線でした

集合時間で検索したら

新幹線のとまらないJR岐阜駅は

乗り換えのタイミング次第で

新幹線と30分も違わない

おかげで、浜松から岐阜までの2時間弱は

車窓の風景と、佐々木譲の新作と

ゆっくり楽しめました

来週以降は、東京へ3回、栃木へ一回

出張が続きます

その前に、勝負のオランダ戦

芋焼酎とポテトチップを用意して

準備万端です

青春の一冊
スティーブンキング「ゴールデンボーイ」

スティーブンキングは当代きってのベストセラー作家
映像化される確立も高く
ホラー系の「ミザリー」「ペットセメタリー」「シャイニング」
文学系の「グリーンマイル」「ショーシャンクの空に」

「スタンドバイミー」
多種多様な作品群はどれも人間を深く観察した作品

このゴールデンボーイも映画化された作品
人間が狂っていく描写は・・・

20090429_1 Img_0927 Img_1809 Img_1833 Img_1050 Img_1059 Img_1058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上靖「蒼き狼」

今日は曇りの浜松

生暖かく、不快な梅雨そのもの

元気なのは、木々と、ガーベラと・・・虫君です

昨日は、JAの生産者の総会

理事長、会長、専務、常務・・・

みんな、言い方は違うけど

農業を良くしたいという思いに溢れていました

花きは、農協の中でのシェアは、20%程度だけど

花き出身の理事が多いので

「今なら、いろんな事が実現できる・・・」

そんな事言われると・・・調子に乗りますよ!

青春の一冊
井上靖「蒼き狼」

巨匠井上靖が描く
史上最大の帝国、モンゴル帝国の創始者
チンギスハーンの物語

しかし、不遇の子供時代を過ごし
新婚なのに奥さんを連れ去られ
長男を自分の子供だと信じられない・・・

30歳を過ぎてから侵略の旅へ
降参か、皆殺しか?
史上最強軍団の怒涛の攻撃は
屈折した青年期を振り払うために・・・

20090428_1 Img_0448 Img_0935 Img_0943 Img_1014 Img_1035 Img_1818 Img_1845 Img_1067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パトリックライト「晴れた日にはGMが見える」

夏本番を思わせる快晴の浜松

梅雨の晴れ間は貴重です

本日、午前中で、今年の改植作業は終了しました

一部、点滴チューブの配置作業が残っていますが

ひとまず、定植は終了しました

午後からは、JAの生産者大会

私は、全生産者の代表になるので

壇上で挨拶との事・・・

あまり刺激的な事は言えない雰囲気だけど・・・

私は私らしく!?

青春の一冊
パトリックライト「晴れた日にはGMが見える」

現在、倒産の危機に瀕している
1980年代の世界最大企業、GM
当時から、警鐘を叫ぶ多くの本が出版された

GM、副社長だったデロリアンの自伝記
デロリアン・・・といえば
バックトゥザフューチャーのタイムマシン

アメリカには
ゼルラルエレクトリック、スタンダードオイル
インターナショナルピジネスマシーン・・・
名前からして凄い企業が多かった・・・

今は昔・・・

20090427_1 Img_1037 Img_1036 Img_1030 Img_1032 Img_0989 Img_1000 Img_1013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王貞治「回想」

朝方の雨も上がり、快晴の浜松

高湿度と高温、人間には不快でも

植物や虫、動物たちには恵みの季節です

今日は新設した機械の試運転

ハードは完璧、ソフトは・・・先輩たちに教えを乞います

みんなそれぞれ得手、不得手がある

お互いが認め合い

得意分野を伸ばす事で

時間も知識も作業も短縮されます

青春の一冊
王貞治「回想」

国民栄誉賞の昭和のヒーロー
今も日本球界に君臨する王貞治の
自伝小説

長島や江夏、星野、川上・・・
日本プロ野球の歴史小説です

20090425_1 Img_0969 Img_0972 Img_0981 Img_0987 Img_0988 Img_0991 Img_0994 Img_0998 Img_1004 Img_1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバートジェイムスウォーラー「マディソン群の橋」

今日は午前中は曇り、午後は雨

今日は定植の一日、約3000本を植えました

残りは、1600本、木曜日に植える予定

先が見えてきました

後は不得意な肥培管理が次の課題です!?

そして、いよいよ6月後半から

怒涛の出張ラッシュ

今週は、木曜日がJAの生産者総会

金曜日は、岐阜まで行って、二人のVIPと会議

相手は・・・お楽しみです

青春の一冊
ロバートジェイムスウォーラー「マディソン群の橋」

世界中で大ブームを起こした作品
中年の大人の恋愛小説
若い私が読んでも・・・

話題作は一通り読む主義でした
確か映画の主役は
クリントイーストウッド?でした

20090424_1 Img_1017 Img_1020 Img_1021 Img_1024 Img_1026 Img_0970 Img_0982 Img_0986

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヴェルヌ「15少年漂流記」

   梅雨入り宣言された浜松

今日は、弱い雨が降ったり止んだり

生暖かい気持ち悪い気候です

昨日は、高校OB会

悪友の家まで、マイカーで行き

その奥さんが待ち合わせの浜松駅まで

友達と合流し・・・まずは・・・

再会のカンパイ・・・それからずっと・・・カンパイ

結局、12時間飲みっぱなし・・・

2年前の感動と、30年前の思い出

みんな高校生でした

青春の一冊
ヴェルヌ「15少年漂流記」

「海底2万マイル」で有名なヴェルヌの
冒険青春小説

無人島に漂流した15人の少年達が
2年間の漂流生活を経て
大人に脱皮していく
アドベンチャー小説

20090423_1 Img_1003_2Img_0977 Img_0968Img_0973Img_0980 Img_0978

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司馬遼太郎「竜馬がゆく」

今日は、曇りの浜松

今にも雨が落ちそうな天気です

改植準備が完了したので

明日から、ラスト300坪の定植を残すのみ

今週中には植え上げ予定

そしたら、部会員みんなで植え上げ記念で

恒例の「リオのカーニバルショー」

今日は、その前祝!?で

高校のOB会に行きます

半年振りに、同級生達とドンチャン騒ぎ

あいつは・・・予定通り・・・調達・・・

してくるだろうか??!!

青春の一冊
司馬遼太郎「竜馬がゆく」

大河ドラマも現在絶好調で放映中

歴史小説の大家の代表作
日本人なら一度は読んだその作品群

私は、大の新撰組のファン
司馬遼の一冊と言えば・・・「燃えよ剣」
土方歳三の生涯を描いた作品
(本は、部会の新撰組ファンの松井久敏君に上げちゃった)

戦国時代と幕末は
多度歳々のヒーローが活躍した時代
当然、多くの小説の舞台となった

この作品にも、新撰組が登場するが
時代に乗り遅れた「悪役」として
坂本竜馬の壁となって君臨しています

20090422_1 Img_0949 Img_0950 Img_0951 Img_0953 Img_0956 Img_0957 Img_0959

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水一行「小説兜町」

今日も快晴、高温の浜松

夏本番の陽気、初夏の強い日差しを浴びて

多くの果実が実っています

明日は、高校のOB会

2年前に実行委員をやったので

今年も同期の役員たちと、酒池肉林・・・

しかし、奥さんが来年の役員なので

会場のどこかで目を光らせている・・・

飲み会なのに、全方位に神経集中です!?

青春の一冊
清水一行「小説兜町」

経済小説の巨匠として君臨した
清水一行のデビュー作です

サラリーマン時代は
このような、株式市場を舞台にした
小説を読み漁りました

株式市場は
人間の欲望の縮図
幾万の情報から、真実を見極めるのはセンス
私は・・・センスゼロ!?でした

20090421_1 Img_0905 Img_0941 Img_0942 Img_0946 Img_0952 Img_0948 Img_0958

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大沢在昌「ウォームハートコールドボディ」

今日も快晴、高温の浜松

梅雨前の気持ち良い天気

仕事もはかどります

来週はいよいよ梅雨入りかな?

昨日は、2本の会議

農林事務所とJA

7月以降の予定がタイトになってきました

いよいよ、改植作業は今月中に終了しないと

大変な事になりそうです

青春の一冊
大沢在昌「ウォームハートコールドボディ」

大沢在昌は、「新宿鮫」シリーズで有名だが
幾多のヒーローを産み出している

この小説では
死んだ肉体に、新薬を注入されて生きているオトコが
世界的な製薬メーカーと単身戦いを挑んでいる
奇想天外なストーリーながら
スピード感が心地よい

ちなみに・・・ガーベラの品種「ウォームハート」は
これから名づけました

20090410_1 Img_0617 Img_0923 Img_0922 Img_0917 Img_0930 Img_0933 Img_0936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーサーCクラーク「地球幼年期の終わり」

今日は久しぶりの快晴の浜松

気温は30度近くまで上昇

暑い中、約3000本を定植しました

あと残りは、5000本・・・来週中には植え上げだ!!

昨日は、JAとぴあ浜松のトップ3と会議

今後の予想、戦略を聞きました

JAを嫌う人も多いけど

情報とか、規模とか、ネームバリュー・・・

利用出来る所は利用し

嫌いな部分は話し合い

都市農協として、農業者との関係は

時代とともに変化して当然

新しい信頼関係を構築しないと

系統も生産者も共倒れ

来週は、生産者の大会

何を話そうか!?

青春の一冊
アーサーCクラーク「地球幼年期の終わり」

いよいよ登場
世界的SF作家の
史上最高傑作です

人知を超越した存在が突如
地球に現れ、
あらゆる戦争や政治、人種を超えて
地球人としての生き方を説いていく

その過程で起こるあらゆる障害は
又一つ、人間を進化させる道具・・・

壮大なスケールで送る
クラークの理想とする世界、地球、宇宙
圧倒的なストーリー展開にただびっくりしました

20090419_1Img_0934 Img_0932 Img_0939 Img_0940 Img_0912 Img_0914 Img_0921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦光志郎「住友王国」

今日も降ったり止んだりの天気

梅雨が近づいているようです

5月以降、朝夕の異常な低温が続き

ガーベラ君たちは、気持ち良さそうですが

一部農作物に影響が出ているようです

夏は夏らしく、梅雨は梅雨らしく

今日はJA幹部と会議

JAの生産者代表になるので

顔合わせを兼ねた情報交換

・・・と言っても・・・

公的な会議で良く会っているので

夢の話ではなく、現実的な作戦を話す予定

何ができるか、楽しみな一年です

青春の一冊
邦光志郎「住友王国」

邦光志郎は、日本の財閥の歴史本を
数多く執筆した
私は他に「三井王国」「三菱王国」も読んだ

日本に今でも存在する「住友」財閥
戦後解体されたが
三井、三菱とともに、
明治以降の日本の経済の基盤を作った

当時私は、証券会社勤務
このようなジャンルの小説を
読み漁っていました

20090418_1 Img_0909 Img_0907 Img_0908 Img_0915 Img_0918 Img_0911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半村良「亜空間要塞」

今日は降ったり止んだり

はっきりしない一日でした

おかげで、たくさん定植出来ました

残りは、8000本・・・まだまだです

昨日は、「告白」を見に行きました

奥さんも、原作を読んでいて

どうしても見に行きたいというので・・・しかたなく

ほぼ原作通り、ラストは丁寧に描かれて

今年の、日本アカデミーの

作品賞と主演女優賞は決定です!?

青春の一冊
半村良「亜空間要塞」

伝奇SFの教祖
「戦国自衛隊」が有名
この小説では、伝奇とかオカルトの要素は少なく
純粋なSF小説となっている

確か・・・記憶では・・・
月刊マンガ雑誌「冒険王」に
連載されたと記憶しているが・・・

20090417_1 Img_0614 Img_0694 Img_0889 Img_0896 Img_0897 Img_0906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーシェルダン「明日があるなら」

今日は曇りの浜松

でも・・・暑い・・・

力仕事が多い時期なので

毎日、Tシャツは3枚以上必要です

日中は畑仕事、夜は資料作り

違う作業はそれだけでリフレッシュできる

今週は、JAの会議が2本

普及所との会議が1本

県内生産者とのイベント打ち合わせや

MPSプロモの企画

体は大変だけど、モチベーションはフル状態

健全な精神は健全な肉体に宿る!?

青春の一冊
シドニーシェルダン「明日があるなら」

当時突如登場した
微妙なサイズの小説郡
特にシェルダンの小説は
新聞コマーシャルが連発され
本屋さんでは、いつも人気のコーナーでした

代表作は「真夜中は別の顔」ですが
個人的に好きなのは、この作品
爽快な主人公の活躍に喝采!!

20090416_1 Img_0880 018 Img_0886 Img_0894 Img_0892 Img_0902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深田祐介「スチュワーデス物語」

今日は薄曇りで暑い一日でした

奥さんは、高校OB会の役員会

その後は、ご近所さんたちと

シティホテルでフレンチのディナー!?

お袋さんは、親戚のお葬式

こんなチャンスの日は

イタズラ三昧するんだけど

改植作業が詰まっているので

お休みは、G1レース「安田記念」のTV観戦のみ

楽しみは、晩酌の「いいちこ」のロック

明日は、「告白」を見に行きたいな!

青春の一冊
深田祐介「スチュワーデス物語」

実は大好きだった・・・堀ちえみ
主演し大ヒットしたTV番組の原作
もちろん、TVを見た後買いました

私達の時代は
スチュワーデスは、憧れの職業
オンナの子のなりたい職業の
ダントツ一位
今でも高い人気を誇っているが
当時は、アナウンサーよりも人気?

少し浅黒く、健康的なポッチャリの
堀ちえみ・・・今では6児の母!?

20090415_1 Img_0904 Img_0881 Img_0882 Img_0891 Img_0898 Img_0900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新田次郎「武田勝頼」

今日も、また快晴の浜松

30度を超え、真夏日となりました

いつ以来、雨が降ってないだろう?

道路が強風で埃を舞い上げています

先日、奥さんが愛知県の奥の、茶臼山に

芝桜を見に行ったおり

浜松は快晴だったのに

雹が降り、落雷が轟いたらしい

一緒に行った、パートさんや近所の人達もびっくり

列島上空を覆う、寒気団のいたずら

浜松は、今日も夕日が綺麗です

青春の一冊
新田次郎「武田勝頼」

戦国武将の中で、最強と呼ばれた「武田信玄」
しかし、信玄の死とともに崩壊した武田軍団
信玄亡き後、偉大な父の幻影と戦い
崩壊する武田軍の後継者となった勝頼の物語

父が殺した、母の父母
仇敵に嫁いだ、諏訪姫から生まれた
四郎勝頼
屈折し、挫折し、反発しながら
強固に結びつく親子

武田信玄の菩提寺は
今も多くの観光客で賑わっています

20090414_1 P1040802_r P1040737_r Img_0858 Img_0867 Img_0876 Img_0879

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿刀田高「Aサイズ殺人事件」

今日も快晴の浜松

午前中は無風だったので

自動化されていないハウスへ

白い遮熱資材をかけました

風がないのでピタッとラクチンに完了しました

帰郷中の次女は、午前中は免許の更新

そして、午後には帰っていった

その理由は・・・飲み会!?

せっかく、最近やっといろんな事を

話してくれるようになったのに・・・

青春の一冊
阿刀田高「Aサイズ殺人事件」

これまた、ショートストーリーの鬼
星新一がSF、阿刀田高はヒューマンストーリー
ブラックユーモアに溢れた展開で
どの作品を読んでも
衝撃的なラストに驚きました

20090413_1 P104062 P1040756_r P1040803_r Img_0874 Img_0888 Img_0883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星新一「ボッコちゃん」

今日も快晴の浜松

仕事はすこしづつ進んでいます・・・が

今年は苗の納入が早くなっており

いよいよ苗置き場はいっぱいになってしまいました

よし!仕事するぞ!

昨日、次女が帰って来ました

初めての、免許の更新

奥さんは、ご近所さんと、山へ芝桜を見に行った

気持ちよく仕事できそうです!?

青春の一冊
星新一「ボッコちゃん」

私達の世代では
短編といったら星新一
SF短編という独自のスタイル
ラジオ番組「星新一の世界」を
ワクワクしながら聞いていました

20090412_1 Img_10392 Img_0869 Img_0868 Img_0857 Img_0871

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サリンジャー「ナインストーリーズ」

今日も快晴、暑い1日となりました

それでも朝夕は、ハウス内でも15度まで下がり

ヒートポンプが稼動する日があります

もう6月というのに、どうなっているのでしょう

先日の競馬ツアーでも

殆どの人達は、長袖シャツと薄手のジャケット

たまにTシャツ姿の若者がいたけど

みんな背を丸めていました

ガーベラ君にとっては品質面では良いのだけど

やっぱり四季がはっきりしないと

何かと商売が狂ってしまいます

今日、東京の次女が帰ってくるらしい

免許の更新手続きとの事

大学生なので住民票を動かして無いので

選挙も年金の手続きも、こっちでやります

来年以降は、社会人になるので

いよいよ住民票を動かします

やっぱり、何か寂しい・・・

青春の一冊
サリンジャー「ナインストーリーズ」

「ライ麦畑でつかまえて」で一世を風靡した
サリンジャーの短編集
でもこのような短編の方が
読みやすかったりする

先日、死亡のニュースがありました

この後、作品を殆ど発表しなかったようですね

天才作家に冥福

20090411_1 Img_0768 Img_0742 Img_0848 Img_0855 Img_0866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフリーアーチャー「ロスノフスキ家の娘」

今日も快晴の浜松

6月になり

枇杷は食べ頃になり

プラムは日毎に大きくなっています

東京ツアーでは

次女のバイト先に行ってしまいました

新宿駅のビアガーデン

しかし、東京は寒かったので

日曜日でもあり、客はまばらでした

少し前は、家以外で会っても

そっけ無い態度だったが、いつのまにか・・・

就職も決まり、卒業旅行のため資金稼ぎ

楽しい思い出を作ってください

青春の一冊
ジェフリーアーチャー「ロスノフスキ家の娘」

大好きなイギリスの作家
世界的ベストセラーを連発し
サーの称号を英女王より授かり
イギリス上院議員にまでなったが
詐欺罪で有罪に
刑期を終え、作家に復帰
波乱の人生を送っています

「ロスノフスキ家の娘」は
「ケインとアベル」の続編
大銀行家の長男と、ホテル王のひとり娘
相反する二つの家庭に挟まれ
苦悩しながら、和解させ
買収、倒産の危機を乗り越え
女性米国大統領になっていく・・・

こんな痛快でスピーディーな小説はありません
「ケインとアベル」とセットでお読みください

20090409_1 Img_0706 Img_0704 Img_0718 Img_0856 Img_0793 Img_0800 Img_0822 Img_0844 Img_0861

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »