« 黒崎詩音「警視庁心理捜査官」 | トップページ | スペクトルマン »

誉田哲也「ソウルケイジ」

今日は快晴、小春日和の浜松

殆んど風が無く、外の作業もTシャツ一枚でOK

昨日は、フロレアルの丹羽テザイナーが来て

オリジナル品種のセレクションをしてくれた

お約束通り、二人の美女も一緒

私は、セレクションよりも

美女たちとの会話に夢中

何よりのリフレッシュ効果がありました

今日はハウスの冬支度

2重カーテンの設置と補修

冬はもうすぐそこに来ています

マックの読書日記

誉田哲也「ソウルケイジ」

不屈の姫川玲子がヒロインの警察小説

前作の「ストロペリーナイト」に比べれば

グロさは少ないが

それでも充分凄惨な描写が凄い

私は、ホラー映画は怖くてまったく見ないけど

警察モノの現場描写には心が震える

凄惨と驚嘆と爽快感

警察小説は面白い

Img_3009

Img_3010 Img_3037 Img_3027

Img_2751 Img_2752 Img_2753 Img_2724 Img_2745

|

« 黒崎詩音「警視庁心理捜査官」 | トップページ | スペクトルマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誉田哲也「ソウルケイジ」:

« 黒崎詩音「警視庁心理捜査官」 | トップページ | スペクトルマン »