« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

石田衣良「シックスティーン」

今日も猛暑の浜松

午前中は仕事するけど、午後は休憩タイム

ずっとオリンピックの録画を見ています

選手達の頑張りに素直に感動

知らない競技でも真剣さが伝わって来ます

これで有名になって、もっと補助金がおりて

より一層活躍して欲しい

私たちのような一般人には知る事の無い

新しい世界を切り開いて欲しい

ところで・・・金メダル一号は誰だ?

私の予想は・・・寺川綾!

マックのブックプレビュー

石田衣良「シックスティーン」

名著「フォーティーン」の続編

東京下町を舞台に高校生になった仲間たち

何気ない日常を情感豊かに綴っています

シックスティーンと言えば・・・武士道シックスティーン

誉田哲也も16歳の輝く青春を描いています

16歳はオトナとコドモの中間

不安定さがたまらない魅力です

Img_1798 Img_1585 Img_1595 Img_1599 Img_1600 Img_1601 Img_1605 Img_1610 Img_1614 Img_1615 Img_1616 Img_1617 Img_1618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本周五郎「日本婦道記」

今日は夏の復活の一日でした

久しぶりに30度超えの真夏日

二日酔いの身には厳しい・・・

昨日は高校時代の同級生夫婦と七輪パーティー

地元の花火大会の日の恒例行事

旨いホルモン、焼き鳥、イカ、牛肉・・・

普段禁止されている食べ物も無礼講

相当酔っ払って、今現在も二日酔いです

そういえば、やっと鈴木家のネット環境が光になります

浜松市の中心部に遅れること5年以上・・・

待望の光ネットワーク

プロバイダーにネットで変更を申し込んだけど

当初の申込書が見当たらず

結局、TELで変更申し込みしました

現在ADSLだけど基地局に近いのでストレスはあまり感じなかったけど

さて、どんなモノだろう

ちなみに、PCの事務所は・・・ADSLのまま

FAXやパソコン5台の変更設定作業は・・・私には無理です!?

マックのブックプレビュー

山本周五郎「日本婦道記」

筆者が直木賞を辞退した作品

江戸時代を中心に、日本の女子の本分と理想

ホントかいな?と思うけど

これこそ筆者の思う壺・・・はまります!

Img_1754 Img_1560 Img_1561 Img_1577 Img_1579 Img_1580 Img_1581 Img_1582 Img_1583 Img_1584 Img_1586

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本一力「はぐれ牡丹」

今日も猛暑の浜松

少し風が吹いたので、昨日よりは幾分過ごしやすかった

昨日は、植え上げ記念の恒例行事

ホテルコンコルド浜松の「リオのカーニバルショー」に参戦

昨年は台風襲来で中止したけど

毎年参加している夏の風物詩

JAのカワイイ娘達と、楽しい時間を過ごしました

26時まで飲み続け、少し二日酔い・・・

それでも今日は、花採り後から、薬剤散布

私に、熱中症という文字はありません

今年は例年通りの梅雨明けだったので

新植したガーベラ達も気分よさそう

株も大きくなって、猛暑を自分の葉っぱで和らげている

昨年は、植え替えが遅くなり、大失敗・・・

今年は今の所予定通りです

マックのブックプレビュー

山本一力「はぐれ牡丹」

山本一力のデビュー2作品目

ほんと気持ちの良い小説

一本気の老舗の一人娘の波乱の人生

触れ合った周りの人々を幸せにするパワー

一力作品は、人間賛歌と応援歌です

Img_1778 Img_1495 Img_1507 Img_1510 Img_1520 Img_1521 Img_1537 Img_1547 Img_1548 Img_1553 Img_1554 Img_1555

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本周五郎「人情裏長屋」

今日は最高気温32度の浜松

雲は流れても、ムシ暑い一日でした

この陽気でも、ムシ君たちは元気いっぱい

少しくらいは大丈夫と思っていたところが、一気に爆発

人間はヘロヘロだけど、薬剤散布の一日となりました

世の中は今日もホリディ

おかけで、バイパス沿いで竹取りしていると

渋滞している観光客の車からの視線が痛い・・・

ヘルメット、ゴーグルして、草刈機とチェーンソーを振り回し

カッコつけようとしても、どことなくへっぴり腰

俺も、これが終われば、どこかの温泉でも・・・

さて、いつ終わる事やら

税務署が憎い今日この頃です

マックのブックプレビュー

山本周五郎「人情裏長屋」

筆者得意の市井モノ

江戸時代の長屋を舞台に

人情と出会いと別れ、旅立ち・・・

ホント登場人物は良い人ばかり

多少うさん臭いけど、結局引き込まれてしまいます

Img_1418 Cimg4280 Img_1588 Img_1593 Img_1487 Img_1489 Img_1490 Img_1494 Img_1498_2 Img_1508 Img_1509 Img_1511 Img_1528 Img_1529 Img_1532 Img_1538 Img_1535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田郁「八朔の雪・みおつくし料理帖」

ここ数日、曇りと雨の浜松

梅雨らしい天気だけど、列島各地で豪雨被害

心が痛みます

このブログは久しぶりのアップ

そんな中でも、毎日来てくれる皆様に心より感謝

フェイスブックはほぼ毎日更新しているので

そちらも是非訪問してください

久しぶりに家族ネタ

先日、奥さんと二人で花火見物

浜名湖近辺で最初の大会は2年ぶりの開催

目玉は2尺玉、凄い迫力でした

ビール、チューハイ、ポテチ・・・機嫌の良い奥さんでした

甲府の長男から

「・・・大学院、合格したから・・・」

厳しい就職戦線を早々にリタイアしたナマケモノ

しっかり未来を考えているのか

イマイチ不安な私です

マア・・・最後の砦は守っているけど・・・

大宮の長女は、8月に、こっちの友達たちと

富士山登山に行くとの事

私は、25歳の頃、計画したが

出発前日に台風襲来との予報で中止に

さて長女の運命は・・・

マックのブックプレビュー

高田郁「八朔の雪・みおつくし料理帖」

久しぶりに感動の涙・・・

これは面白い、続編がいっぱい出ているので

ブックオフで買い込んできます

最近ずっと時代小説を読んでいるけど

この混迷の現代こそ、時代小説が必要

爽やかで健気で一途、モヤモヤ気分が一新されます

Img_1790 Img_1271 Img_1275 Img_1355 Img_1356 Img_1362 Img_1381 Img_1385 Img_1386 Img_1390 Img_1444 Img_1454 Img_1453 Img_1472 Img_1473

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本一力「蒼龍」

今日は一日曇りの浜松

それでも最高気温は30度、蒸し暑い一日でした

明日からは雨の予報

シミカビ注意報発令中です

植え替えも一段落して

来週には、今年の新植の花の出荷も始りそうですが

据え置き株の出荷は激減しています

そろそろ夏の予定を立てる時期

オランダのフロリアードに行きたいけど

まとまった休みはちょっと厳しい状況

大量の竹を処理しなくてはいけなくなってしまった

ネットで検索しても、竹の処理はホント大変みたい

これから2年の間に、何とかしなくてはいけない

やっぱり破砕機を買うのが一番かな?

何か良い方法教えて下さい

マックのブックプレビュー

山本一力「蒼龍」

筆者のデビュー作、珠玉の短編集

何かの新人賞を受賞した作品

江戸時代の変わった職業を題材に

庶民と武士たちが真摯なやり取り

良い人が最後に勝つ

勧善懲悪、ハッピーエンドが心地よい

Img_1417 Img_1088 Img_1091 Img_1096 Img_1268 Img_1270 Img_1272 Img_1274 Img_1276 Img_1284 Img_1291 Img_1293 Img_1303 Img_1316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本周五郎「春いくたび」

今日は真夏日の浜松

雨→快晴→雨→快晴・・・

過激な変化に、体もガーベラ君もヘロヘロです

九州は大雨被害が拡大している

浜松も台風被害に合ったばかり

日本だけでなく世界的な過激な気候変化

何が起きているのだろう?

昨日、市役所と税務署に行って来ました

何とか、税金はセーフ

後は、しっかり畑の管理

農業は規制業種と言われ、優遇措置がいくつかあるが

いよいよ厳しい視線を受けて、改革が始っている

TPPを早く締結して

ホントに足腰の強い日本農業へ

変化と改革によって、農業を儲ける業種へ

さあ、農業の時代です!

マックのブックプレビュー

山本周五郎「春いくたび」

歴史小説の大家の筆者が

戦後発表した、少年少女向けの歴史短編集

江戸、明治期の理想の少年少女

いくぶんメルヘンチックで規範的だけど

平成の今も、価値は変わらない!

Img_1391_2 Img_1235 Img_1236 Img_1239 Img_1240 Img_1243 Img_1250 Img_1258 Img_1259 Img_1260 Img_1263 Img_1264_2 Img_1269 Img_1262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »